賃貸物件の入居の判断

賃貸物件の管理と審査

トップ / 賃貸物件の管理と審査

賃貸物件と平均価格の情報

賃貸申し込み時の審査について

賃貸物件の申し込みを行った際には、管理会社によって審査が行われます。賃借希望者が家賃を滞納することなくきちんと支払うだけの所得があるのか、また入居後に他の入居者に迷惑をかけるようなことがないような人柄かを確認するためです。賃貸申込書に虚偽の記述をした際には、その時点で入居はでいなくなります。また、場合によっては勤務先にも連絡が入りますから、決して虚偽の記述をしないようにしましょう。正社員ではない方は、通常よりも厳しい状況にはなりますが、決して無理というわけではありませんから、必ず正しい記述をしましょう。

審査結果の問合せとは

賃貸マンションを借りた場合、申し込みを入れれば無条件に借りられるわけではありません。貸主による入居審査が行なわれます。そのマンションは、単発の契約ではなく一度契約関係が構築されると継続的な関係が生じます。そのため入居させて良い人かどうか判断するのです。何ら問題なく日常を過ごしている方であれば、賃貸マンションの入居を断れることはまずありませんが、何か過去に問題を起しているなど継続的契約関係に相応しくないと判断された場合は、入居を断れる場合があります。そして、入居を断られた場合、通常如何なる理由があっても断りの理由は開示してくれません。