賃貸の保証人と更新

賃貸契約と保証人について

トップ / 賃貸契約と保証人について

賃貸物件と平均価格の情報

賃貸契約の際の注意点

賃貸契約書を交わす際に、保証人が用意出来なかった人の為に、代わりに保証人になってくれる保証会社を紹介してくれる不動産屋さんが有ります。これは身内等がいない人にとっては、大変便利な会社です。その時に気を付けなければいけない事は、大体契約期間は2年の所が多いのですが、2年経って契約を継続する時は賃貸契約の更新をしなくてはいけません。その時は不動産屋さんにも契約更新料を払う訳ですが(例外として自動更新で払わなくていい所も有ります。)、保証人も継続希望の時はそちらにも更新料を払わなくてはいけません。最近は保証人をやってくれるMPO法人も出来て、こちらは年会費制なのでこちらを使う手もありますね。

保証会社が求める書類

不動産会社と借契約を交わして、賃貸住宅に入居するときに、入居者に対しての保証をしてくれるのが、保証会社です。連帯保証人の役割を果たしてくれる会社です。緊急連絡先として、血縁関係の中から、入居先に近い場所に住んでいる人の情報を記入する書類も提出します。入居者も含めて、同居する家族全員分の年収の情報も提出することになります。入居期間中は、保証料を納めるのですが、入居前に、入居日から賃貸契約更新日までに該当する全額を、一括で前払いします。連帯保証人を設定するよりも、ハードルが低くなっているのも特徴です。